2015年12月14日

大河ドラマって…

今年の大河ドラマも終わり、年末なんだと実感します。

大河は1年弱の放送で、何十年経ってんだ?と思っちゃいます。
今年あった『花燃ゆ』だって、幕末から明治初期ぐらいの設定でした。

主人公の文さん(美和)は、いったい何歳なんだよー!
子供は大人になるのに、井上真央ちゃんはそのまんまだったじゃない。
少しぐらい、老けた感じの顔にするとかは思わなかったんだろうか?
でも、40歳ぐらいだったら、あんな感じで良かったのかなー?

***************************
天保14年(1843年)、長門国萩松本村(現・山口県萩市椿東)に杉百合之助と瀧の四女として誕生。
 嘉永6年(1853年)、次姉・寿と小田村伊之助(のちの楫取素彦)が結婚。
 安政4年(1857年)、久坂玄瑞と結婚。
 安政6年(1859年)、兄・吉田松陰が江戸にて刑死。
 元治元年(1864年)、玄瑞が禁門の変において自害。甥の粂次郎(寿と伊之助の子、のちの楫取道明)が養子となり久坂家を継ぐ。
 慶応元年(1865年)、毛利定広の長男・興丸(後の毛利元昭)が誕生し、文が興丸の守役となる。父・百合之助が死去。
 慶応3年(1867年)、小田村伊之助が楫取素彦と改める。
 明治12年(1879年)、玄瑞の遺児・秀次郎が久坂家を相続し、粂次郎は楫取家へ戻る。
 明治14年(1881年)、寿が病没。
 明治16年(1883年)、楫取素彦と結婚。正式に美和子と改める。
**************************** ウィキペディアから引用
posted by びちゃ at 23:07| Comment(0) | テレビ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください