2005年11月04日

カイロプラクティック

生まれて初めてカイロプラクティックを体験!

最近、特に腰痛が気になっていた私。
旦那からの勧めで行って来ました。

(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

生きて帰れるだろうか?(大げさな表現)

いざ!治療室へ・・・

    • 骨の状態(くせ)を診る。
    • 矯正をする。

診察の結果、左右の足の長さが違うので骨盤が歪んでいるそうだ。

骨の矯正を始めます。

想像では、バキ!ボキ!のイメージがあったのですが、
意外と気持ちヾ|。-∀-|ノ ィィジャナ-ィ。

力任せに矯正するのではなく、診察台の機能を活かしながら骨を落としていきます。
人体骨パズルの様な・・・゙;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ 

先生にモミモミされた後、低周波でコリをほぐし、ローラーの上に寝そべり伸び縮み。

約1時間くらいで治療終了~!

腰痛は消えているが、ほかに変化は?

今日の今日じゃあるわけないよ(○ゝω・)b⌒☆NE

posted by びちゃ at 16:09| Comment(5) | からだ | 更新情報をチェックする

録画予約していたビデオを観る。

火曜日に録画予約していた番組を観た。

録画時間3時間の『火垂るの墓』

ドラマが始まると共に、私の涙腺のバルブは緩みっぱなしで、ズルズルーズルズルーっと鼻水が止まらない。

当然ながら、CMは飛ばしながら観る。

アニメでは非現実的に観ていた面もあり、悲しく残酷な内容の物語ではあるが、いくらかソフトに描かれていたのではないだろうか?

戦争映画・ドラマは結構観てきた私だが、被災者の生活を主としたドラマはほとんど記憶にない。

戦争は戦場の男たちのドラマと化されがちだからだ。

内地に残された家族の戦争こそ、もっとクローズアップされても良かったはず・・・

戦場で戦う男たち、内地で家を守る家族にとって、戦争は二度と起こってはならない人災だと私は思う。

posted by びちゃ at 12:18| Comment(2) | テレビ | 更新情報をチェックする