2005年11月02日

個人差がある病気の進行。

ドラマ『1リットルの涙』の亜也を見ていると、今までの自分と重なるところがあります。


電車通学していた高校時代、プラットホームから降りる階段で滑り落ちたことがあって・・・


いま考えると、あの頃から病気が始まったのかな?って思う。


私の場合、徐々に進行するタイプと運動神経が鈍かったので、流血するような怪我は記憶にない。


しかし、何処にぶつけたのか知らない間に青あざ(内出血)が出来てたりする。


このドラマを見ている健常者の人が、障害者の為に設置されている駐車スペースやイエローブロックの理解を深めてくれたら良いのにな!

posted by びちゃ at 20:10| Comment(0) | からだ | 更新情報をチェックする